top  グラヴィトン グラヴィトンの簡単な説明 グラヴィト二クス 電磁波予防 商品の説明と他の商品リスト tryoutグラビトン=graviton=グラヴィトン グラヴィトンで満ちたお部屋 warm vs. cool sitesエステ効果ある保育園での出来事なぜ画像からグラヴィトンがでるの?電磁波についてのあるコメント人の価値観と科学部分と全体について温かい音楽と熱そうな炭ついに完成究極のグラヴィトン画像!最新情報

graviton
ビキニ環礁で原爆実験が行われたとき、多くの魚も汚染されてしまった。日本のマグロ漁船第五福龍丸が大量のマグロを採ったのですが、廃棄処分したそうです。ところが当時極貧の苦学生だった佐々木の将人さんは皮を剥いで焼いて食べれば大丈夫だろうといってうまいうまいと仲間とみんなで食べてしまったそうです。 その数年後にそのマグロをたべた人がなくなって、いまは佐々木の将人さんだけが生き残っているという事です。 彼は味噌汁と納豆が大好きで、毎日欠かしていないようです。 関英男工学博士
(95歳)によると、味噌汁の麹から、そして納豆菌からもgraviton波が多量に出ていて、それが人体の健康にプラスの影響を及ぼしているそうです。チェルノブイリのときも多くのドイツ人が味噌を買いに日本食店に走ったそうです。

 地鎮祭のときにまたは棟上のときに、日本では4隅に塩を清めの儀式として盛る。なぜなのだろう? これも関英男博士によると、日本人がgraviton波がでる文化を代々伝えてきているからなのだそうです。塩の正六面体がそうさせるようです。日本自然塩普及会の菅本フジ子会長が、昭和20年長崎の諫早の海軍病院で従軍看護婦として活躍していたときに、原爆が投下されました。想像を絶するほどのひどい症状を負った被爆者がつぎつぎに送り込まれてくる中、ワカメの味噌汁を被爆者にすすめていた秋月振一郎医師と出会ったのです。実際に、ワカメの味噌汁を言われたとおりに飲んでいた患者が生き残ったのを目の当りにされたそうです。 菅本さんご自身も79歳の天寿をまっとうされたそうです。他に、麻、ワラ、カヤ葺からもグラヴィトン波がでているそうです。

関英男博士の論理はもはや単なる論理に留めておく事ができなくなってきているようです。なぜならいくつかの仮説をテストしてみると、それぞれが立証されてきているようです。
現に彼の本「心は宇宙の鏡」(エレクトロニクスからグラヴィトンへ)からヒントを得、苅田助教授はコンピューターに取り入れることができるグラヴィトン波の出る画像作成に成功したようです。またカセットテープやビデオテープからもグラヴィトン波がでるように作成しました。応用範囲は更に広がるでしょう。それらを色々とテストしてみたら、興味津々な結果が得られてきました。あなたも試してみませんか?
 科学者と理論家の大きな違いは、前者は絶えず仮説をたてテストを試みるといった点でしょう。後者はそんなものOOであるに決まっているし、そう専門家(権威ある)も言っていると。でも次々と常識が覆されたり、論理が覆ったりし、新しい発見や発明が生み出されていったのも事実です。あなたならどちらを選びますか?

 参考図書: 関英男・佐々木の将人 共著 「心は宇宙の鏡」(エレクトロニクスからグラヴィトンへ) 成星出版 2000年9月13日

I. グラヴィトンとは?

    重力子のことで、クオークのような素粒子に重力子が6つほど入っている。それぞれの重力子がその素粒子から出て行くときに重力波となってでていく。出て行くと不安定なので、新しい重力子が入り、そして又出て行くという永続的流れができあがる。この永続的流れを作り出すには何らかの外部からの重力波の刺激を受けないとできない。その素粒子の大きさを仮に直径10cmのマイナス12乗とすると、グラヴィトンの大きさは直径10cmのマイナス13乗になる。又素粒子が属する媒質の密度によって、クオークはより小さくなる。10cmのマイナス33乗とか〜マイナス70乗とか色々である。そしてグラヴィトンもそれに応じて小さくなる。より小さい重力子から発する重力波は周波数がより高く、波長はより短くなる。波長が短ければ何でも貫く。地球さえも。そして光よりも速い。何億万倍も速いのもある
※参照『心は宇宙の鏡』(成星出版 著者:関英男・佐々木の将人2000年9月13日 64p)『重力子が6つ』の記述については、64pの図解を元にしたものであり、その図解自体も、読者に分かりやすく説明するためのものと思われる。実際にはもっと多いかも。尚、これを書いたのは2001年春、世紀が変わるとともに関英男博士の革新論と彼の想像した新しい時代を見出したと思われ記述した。※


II. 特徴


1.縦波である。  ちなみに電磁波は横波である。
2.地球をも貫く。
3.念波、画像、イメージのようなものである。重ねればより強くなる。
4.六方晶体のもの(特に石英や水晶)に、つまり細かな鏡に写るかのようにイメージが何倍にも膨らむ、すなわちグラヴィトン波が強くなる。ピラミッドからでるのもグラヴィトン波である。。
5.天然塩、納豆菌や味噌の麹に多量に含まれている。わら、カヤ、麻などからもでる。
6.被爆者をも回復させる。健康体になるには必要不可欠なもの。
7.自然豊かな環境をとりもどすにも、必要不可欠なもの。
8.若さの秘訣であるmelatonineの分泌を回復させる。
9.いわゆる気ともいわれる。その気を人が使い切ったときが寿命である。人もある運動によってグラヴィトン波を増幅させる事が出来る。
10.電子(横波)を技術的に集めることが出来るのであれば、このグラヴィトン波も技術的に集めることができるであろう。
その方法は、電子を集めるときの方法を少し変えればよい。かすかであるが、集まる。それは、技術的に増幅させる事が出来る。

III. グラヴィトンの応用
何に応用出来るか考えてみよう!もしそうなら、こうする事も出来るだろう。またこれも可能とか? こうしてみてわとか?想像力を生かしてみよう!色々な事ができるだろう?21世紀の新しい文明が開花しようとしている。そして次々とすごい発見と発明が生み出されていきます。

試した人達からのコメント:コンピューターをしてても疲れなくなった、朝の目覚めがすごくスッキリする、なんだか知らんが最近体調がすごくいい、便秘がなくなってしまった、胃痛がいつのまにかなくなっていた等などです。生理痛もうそのようになくなっていきます。今やいろいろな発明品がこのグラヴィトンを使ってどんどん生みだされていってます。

 

 


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス